沖縄

一生に一度は行くべき沖縄・与那国島!絶景と極上グルメを楽しむひとり旅【おすすめ離島・モデルコース】

もーりー
この記事はどんな記事?

この記事は与那国島について詳しく紹介した旅行記です。旅行内容は与那国島の美しいビーチや絶景スポット、観光名所、そして地元の美味しい料理やお酒を楽しむ内容となっています。この記事を参考にして旅行をすると与那国島の観光スポットやドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地、海底遺跡でのシュノーケリングなど、様々なアクティビティを体験できます。

どんな人におすすめ?

この記事は自然や歴史、美食を楽しむ大人の旅行者におすすめです。与那国島の美しい風景や特有の文化に興味がある方、アクティブな観光や現地の美味しい料理を堪能したい方にピッタリの内容となっています。秋や冬が島を訪れるベストシーズンとして紹介され、読者にとって実際に足を運びたくなるような魅力が丁寧に伝えられています。

目次
  1. 与那国島  基本情報
    1. 与那国島 観光のベストシーズンは?
  2. 2泊3日与那国島旅行 (1日目)
  3. 関西国際空港/飛行機(JTA)
    1. 関西国際空港 基本情報
  4. ぼてぢゅう1946 関西国際空港店/お好み焼き/プライオリティパスを活用
    1. ぼてぢゅう1946 関西国際空港店 基本情報
  5. 那覇空港/(RAC)
    1. 那覇空港 基本情報
  6. 与那国空港
    1. 与那国空港 基本情報
  7. 与那国むんぶレンタカー
    1. 与那国むんぶレンタカー 基本情報
  8. 手作りパン&カフェ パネス/ヤシガニ出し汁そば
    1. 注文したものと感想
    2. 手作りパン&カフェ パネス 基本情報
  9. まさえ商店
    1. まさえ商店 基本情報
  10. どなん酒造
    1. どなん酒造 基本情報
  11. 与那国むんぶステイ空港前/宿泊
    1. 部屋全体
    2. シャワー・洗面台・アメニティ
    3. 冷蔵庫
    4. 与那国むんぶステイ空港前 基本情報
  12. 居処屋どぅーらい/島料理/花酒
    1. 注文したものと感想
    2. 居処屋どぅーらい 基本情報
  13. 2泊3日与那国島旅行 (2日目)
  14. DIVE CENTER MARLIN/シュノーケリング ツアー/絶景/海底遺跡
    1. DIVE CENTER MARLIN 基本情報
  15. 与那国 漁協食堂/ランチ/カジキマグロ
    1. 注文したものと感想
    2. 与那国 漁協食堂 基本情報
  16. ナーマ浜
    1. ナーマ浜 基本情報
  17. 金刀比羅宮
    1. 基本情報
  18. 夫婦岩
    1. 夫婦岩 基本情報
  19. 西崎(いりざき)/日本最西端の碑
    1. 西崎/日本最西端の碑 基本情報
  20. Dr.コトー診療所ロケ地
    1. Dr.コトー診療所ロケ地 基本情報
  21. 立神岩展望台
    1. 立神岩展望台 基本情報
  22. 軍艦岩
    1. 軍艦岩 基本情報
  23. 東崎(あがりざき)灯台
    1. 東崎灯台 基本情報
  24. 四畳半ビーチ
    1. 四畳半ビーチ 基本情報
  25. 大朝商店
    1. 大朝商店 基本情報
  26. 久部良バリ
    1. 久部良バリ 基本情報
  27. 日本最後の夕日が見える丘/夕日鑑賞
    1. 日本最後の夕日が見える丘 基本情報
  28. どぅぐいわり/島料理/泡盛
    1. 注文したものと感想
    2. どぅぐいわり 基本情報
  29. 2泊3日与那国島旅行 (3日目)
  30. わかなそば/沖縄そば
    1. 注文したものと感想
    2. わかなそば 基本情報
  31. DiDi与那国交流館
    1. DiDi与那国交流館 基本情報
  32. アヤミハビル館
    1. アヤミハビル館 基本情報
  33. ティンダバナ(ティンダハナタ)/絶景
    1. ティンダバナ(ティンダハナタ) 基本情報
  34. 北牧場/ヨナグニウマ
    1. 北牧場 基本情報
  35. 馬鼻崎/秘境/絶景
    1. 馬鼻崎 基本情報
  36. ダンヌ浜/夕日鑑賞
    1. ダンヌ浜 基本情報
  37. 与那国島空港/飛行機(RAC)
  38. 石垣空港に到着
  39. 2泊3日与那国島旅行のまとめ
  40. 2泊3日与那国島旅行の様子はYouTube動画で公開中!

与那国島  基本情報

与那国島

  • 位置:
    日本の西に位置する与那国島は沖縄県・八重山諸島にあり、東京から一番遠い島です。
  • 人口:
    人口は約1700人弱。
  • 地形:
    島内には3つの集落があり、車での一周は約1時間弱、自転車でも3時間程度で可能です。
    島は小さいながらも200m級の山が存在し、大きく隆起しています。
    南海岸は波によって浸食され、断崖絶壁が多く見られます。
  • 交通手段:
    与那国島へのアクセスはJAL系の琉球エアーコミューターを利用すると那覇空港から約1時間20分、石垣空港からは約30分で行く事が可能です。
    フェリーを利用する場合は約4時間ほどかかります。
  • 自然:
    与那国島は手つかずの自然が広がり、与那国町には天然記念物「ヨナグニウマ」が生息しており、観光客は自然とのふれあいを楽しむことができます。
  • アクティビティ:
    シュノーケリングで海底遺跡の景観を楽しむことができます。
    日本で最後に夕日が沈む場所でもあり、他の島では味わえない特別な体験がで来ます。
  • 人気ドラマ「Dr.コトー診療所」の舞台:
    ドラマの舞台「志木那島」の撮影は与那国島で行われ、島全体がロケ地に。
    ドラマの撮影で実際に使用した診療所も見ることができます。

与那国島 観光のベストシーズンは?

  • 与那国島は亜熱帯気候で年間を通して暖かく、年平均気温は24.7℃。
    冬でも比較的温暖な気候が続きます。
  • 常夏の島を楽しむなら6月〜9月がベストシーズン。
  • 冬はグルメやダイビングを楽しむのにベストシーズンです。
    冬にはハンマーヘッドシャークの群れや海底遺跡が見られ、ダイビング愛好者にとって魅力的な時期となっています。

2泊3日与那国島旅行 (1日目)

与那国島旅行 1日目は与那国島への移動と観光を楽しむ日程です。
地元の食事や観光スポットを巡りながら、与那国島の魅力を存分に味わいます。

関西国際空港
ぼてぢゅう
那覇空港
与那国空港
与那国むんぶレンタカー
手作りパン&カフェ パネス
まさえ商店
どなん酒造
居処屋どぅーらい
与那国むんぶステイ空港前

関西国際空港/飛行機(JTA)

関西国際空港からJTA(日本トランスオーシャン航空)の飛行機に乗って、与那国島への2泊3日ひとり旅の始まりです。

今回は関空から那覇空港経由で与那国島に向かいます。

関西国際空港 基本情報

ぼてぢゅう1946 関西国際空港店/お好み焼き/プライオリティパスを活用

関西国際空港にきたらプライオリティパスを活用して「ぼてぢゅう」のお好み焼きを楽しみましょう。
プライオリティパスを提示するとなんと3,400円分(撮影当時)の飲食が無料になります。
これはもう「関西国際空港に来る楽しみそのもの」と言えるでしょう。

朝一からお好み焼きというのもワクワクしますね。

明石焼き元祖豚玉を堪能します。
口に運ぶたびに広がる美味しさに、思わず笑顔が。

食べているうちにあっという間に搭乗時間が迫ってきました。
関西国際空港からの旅もプライオリティパスを利用するとさらに特別なものになりますよ。

ぼてぢゅう1946 関西国際空港店 基本情報

店名ぼてぢゅう 1946 関西国際空港店(ぼてぢゅう®1946 )
ジャンルお好み焼き、たこ焼き
お問い合わせ072-456-6611
予約可否予約不可
住所大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1 関西国際空港第一ターミナルビル 南ウイング 2F
交通手段関西空港駅から433m
営業時間営業時間
5:30~22:00(L.O.21:30)
日曜営業
定休日:無休
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
支払い方法カード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)
電子マネー可(交通系電子マネー(Suicaなど)、楽天Edy、WAON、iD、QUICPay)
 個室
 貸切不可
 駐車場

那覇空港/(RAC)

気持ちのいい天気の中、関西国際空港から那覇空港へ向けて出発です。
窓の外には最高の景色が広がり、充実した機内サービスを受けられて快適な空の旅。

約2時間のフライトで美しい沖縄が見えてきました。

那覇空港に到着したら少し時間があるのでさくらラウンジでのんびり休憩します。
ラウンジではお酒も楽しめますが、今回は島に着いてから運転が控えているのでお酒は我慢。(飲みたかったなあ)

ここからはRAC(琉球エアコミューター)のプロペラ機に乗ります。
プロペラ機ってなんだか旅感がたっぷりでワクワクしますよね。

機内では与那国島に関するオリジナルのパンフレットをいただきました。
見やすいのでぜひ貰っておくといいですよ。

那覇空港 基本情報

公式サイト

与那国空港

約1時間20分のフライト与那国島に到着しました!
コンパクトな与那国空港に降り立ちます。

空港は小さいながらも親しみやすくアットホームな雰囲気が漂っています。
売店で地元の特産品やお土産を物色するのも楽しそうです。

与那国空港 基本情報

公式サイト

与那国むんぶレンタカー

今回は与那国むんぶレンタカーさんにお世話になり、レンタカーを借りて島を思い切り満喫することにしました。

与那国島の美しい景色や観光スポットを心ゆくまで堪能していきましょう!

与那国むんぶレンタカー 基本情報

公式サイト

手作りパン&カフェ パネス/ヤシガニ出し汁そば

ランチを食べるために手作りパン&カフェ パネスにやってきました!

店内はおしゃれで与那国島に来たことを忘れるかのような雰囲気が漂っています。

注文したものと感想

長命草スムージー

飲み物は長命草スムージーをいただくことにしました。
濃厚な見た目に期待が高まります。

長命草スムージーは薬草感がありつつも甘くて美味しいですよ。

【もーりーの旅行豆知識】

長命草

  • 長命草はセリ科の植物で、沖縄県与那国島に自生しています。
  • 栄養価が非常に高く、食べると体に良い成分が豊富に含まれています。
  • エネルギーを補充するのに適しています。

ヤシガニ出し汁そば(アザミ麺)

お店のおすすめヤシガニ出し汁そばを注文しました。
与那国産のアザミ麺と普通麺から選べるのですが、ぜひアザミ麺をチョイスしたいですね!

【もーりーの旅行豆知識】

アザミ麺

  • 与那国島の特産物であるあざみを使用した麺。
  • 日本そばのような色合いで、天然のミネラルであるカリウム、食物繊維、マグネシウムが豊富に含まれています。
  • あざみの独特な香りとモチモチとした食感が特徴的です。

ヤシガニ出し汁そば、これがまた絶品です。
太麺はしっかりとしたコシで、草の風味はあまり強くは感じません。

何よりもヤシガニの出汁が美味しすぎます。
濃厚ながらもあっさりとした味わいで、まさに島の恵みを感じる一杯です。

島唐辛子パウダーをトッピングして味変するのもおすすめ。
でも僕は少し入れすぎたようで唐辛子パウダーが気管に入り、むせてしまいました(笑)

手作りパン&カフェ パネス 基本情報

公式サイト

店名パネス
ジャンルカフェ、パン
予約・
お問い合わせ
050-3578-3608
予約可否予約可
住所沖縄県八重山郡与那国町字与那国312 
営業時間営業時間
10:30~18:00
日曜営業
定休日:火曜日
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
支払い方法カード可
電子マネー可
 席数8席
 個室
 貸切
 駐車場
 その他カウンター席あり

まさえ商店

まさえ商店で買い物をします。

僕はサンダルを持ってくるのを忘れてしまったので、700円(撮影当時)でサンダルを手に入れました。
若干チープな感じなので歩いている時にブチッ!と切れないか心配ですね。
今日、明日ぐらいならもってくれることを期待します。

ジューシーおにぎりも買いました。
沖縄の風情が感じられる味わいですね。

【もーりーの旅行豆知識】

ジューシー

  • 一般的なイメージの「果汁や肉汁があふれる料理」という意味ではありません。
  • 沖縄のジューシーは、お米や豚肉、ニンジン、ひじき、カマボコなどの具材を豚のだし汁で炊いた「炊き込みご飯」を指します。

お腹も満たされたので、次のスポットに出発しましょう!

まさえ商店 基本情報

どなん酒造

どなん酒造にやってきました!
ここでは与那国でしか味わえない「花酒」というお酒を販売しています。

店内にはお酒がディスプレイされています。
お酒にはワラ?でしょうか?が巻かれているのが、なんとも風情がありますね。
(調べたところ「ワラ」ではなく「ビロウ(クバ)」という植物でした。)

【もーりーの旅行豆知識】

ビロウ(クバ)

  • ビロウは潮風の強い場所で生える植物です。
  • 伊平屋島や南北大東島、与那国島などでビロウ林が見られます。
  • 沖縄では「クバ」とも呼ばれています。
  • 昔からビロウの葉は、笠などの日用品として使われています。

【もーりーの旅行豆知識】

花酒

  • 「花酒(はなざけ)」は、泡盛を作るときに最初に出てくる初めてのお酒です。
  • アルコール度数は60度くらいで、非常に高い純度を誇るお酒です。
  • 他のお酒で言うところの「一番搾り」といったところ。
  • とても香りがよく与那国島だけで作られる貴重なお酒です。

お酒の度数は60度!!!

試飲もできます。

どなん酒造 基本情報

公式サイト

与那国むんぶステイ空港前/宿泊

与那国島での宿泊先与那国むんぶステイ空港前をご紹介します。
こちらは2023年に開業したばかりのコンテナホテルで、綺麗な雰囲気が魅力ですね。

清潔感やモダンなデザインが好きな方にはとてもおすすめできる宿泊先です。

部屋全体

それでは与那国むんぶステイ空港前のお部屋を詳しく紹介しますね。

おしゃれで快適なお部屋です。
ソファまで備え付けてあります。

ベッドも広々としており、2人が十分に寝られる大きさです。

壁には便利な物干し竿が付いています。

シャワー・洗面台・アメニティ

トイレは共用ですが清潔なシャワーがあります。

洗面台は爽やかなブルーで、アメニティも充実。
歯ブラシなどが揃っているほか、フェイスマスクやおしゃれなドライヤーも用意されています。

冷蔵庫

冷蔵庫も大きめのサイズで、中にはが入っています。

与那国むんぶステイ空港前 基本情報

宿に荷物を置いたら、飲み歩きに行きたいところ。
ただ「与那国むんぶステイ空港前」は飲み歩きをするには少し不便な場所です。
今後改善されることも期待されますが、現時点では無料のバスが利用できます。
バスの時間に合わせて行って、帰りも同様にバスの時間に合わせて戻るのが良いでしょう。

代行サービスもあるようですが、お昼前までに申し込む必要があります。
直前だと難しいようですね。

30分ほど歩くという選択もありますが、僕はバスを利用することにしました。

公式サイト

居処屋どぅーらい/島料理/花酒

今日は居処屋どぅーらいで島料理と花酒を楽しむことにしました。

メニューはこんな感じです。
店内は島の居酒屋らしいアットホームな雰囲気。

注文したものと感想

オリオン生ビール

まずはオリオン生ビールで乾杯!

刺身の盛り合わせ

与那国島の居酒屋で頼みたいのはやっぱり刺身の盛り合わせ。

与那国島といえばカジキマグロですから特に楽しみですね。
エビもプリプリで美味しいです。

島豆腐の揚げ出し

島豆腐の揚げ出しも登場。
プリプリ&モチモチで美味しいです。

どなん(花酒)

これはスリリング!
60度のお酒とはかなりの強さですね。
生きて帰れるのか・・・(笑)

初めての花酒、一体どんな味でしょう・・・ドキドキします。

飲んでみると・・・!?
すごい!!喉がぁぁぁ!!!

一瞬で酔っ払いますね。

ただ、花酒はここでしか楽しめない特別なお酒ですから与那国島に来たなら、試してみる価値はあります。

5倍から10倍の水で薄めて飲むのが良さそうです。
水がついてきたのは、薄めるためだったんですね(笑)

少し水を足して飲むとまろやかになり、美味しくいただけました♪

ピザヤーチ(ダブルチーズマルゲリータ風)

これはお酒が進みます!
美味しいピザとお酒、最高の組み合わせです。

長命草そうめんチャンプルー

長命草のパスタは若干の苦味がありながらも、健康的なお味で美味しいです。

居処屋どぅーらい 基本情報

店名居酒屋 どぅ~らい
ジャンル居酒屋、沖縄料理、沖縄そば
予約・
お問い合わせ
0980-87-2909
予約可否予約可
住所沖縄県八重山郡与那国町字与那国62 
営業時間営業時間
18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:日曜日
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
支払い方法カード不可
 駐車場
 その他座敷あり

2泊3日与那国島旅行 (2日目)

与那国島旅行の2日目は、魅力的な観光スポットとアクティビティが盛りだくさんの日です。
海底遺跡を見るダイビング・シュノーケリングから、美味しい食事や歴史的な場所まで、様々な要素が組み合わさった旅程です。

DIVE CENTER MARLIN
与那国 漁協食堂
ナーマ浜
金刀比羅宮
夫婦岩
西崎
日本最西端の碑
Dr.コトー診療所ロケ地
立神岩展望台
軍艦岩
東崎灯台
四畳半ビーチ
大朝商店
久部良バリ
日本最後の夕日が見える丘
どぅぐいわり
与那国むんぶステイ空港前

DIVE CENTER MARLIN/シュノーケリング ツアー/絶景/海底遺跡

DIVE CENTER MARLINシュノーケリングツアーでは、素晴らしい経験ができました!

ワゴンに乗り港に行き、船に乗り込んで出発します。
これから日本で一番西に行くという特別感でワクワクします。

ダイビング・シュノーケリングスポットに到着しました。

海に入るとまず驚くのはその海の青さ。
他ではなかなか味わえない美しい色合いが広がります。

岩が重なったような海底の風景。
その神秘的で謎めいた光景に感動ですね。

波が激しい中、DIVE CENTER MARLINのスタッフさんのおかげで安全にシュノーケリングができるのも心強いですね。

海底遺跡も見どころの一つ。
自然なのか人為的に作られたのか、その謎めいた雰囲気が魅力的です。
これを見るためだけに与那国島を訪れる価値があると言えます。

海底遺跡を見るなら秋冬がおすすめとのこと。
さらに冬はハンマーヘッドシャークの観察が楽しめるのも特徴的ですね。

DIVE CENTER MARLIN 基本情報

DIVE CENTER MARLINのスタッフの方の手厚いサービスも印象的でした。
マスクの曇り止めや浮き輪の提供、安全面への気配りがしっかりとされているのがありがたいです。
スタッフのチームワークやお客様への気遣い、これが良い業者の特徴ですね。

おすすめのダイビングショップです!

公式サイト

与那国 漁協食堂/ランチ/カジキマグロ

与那国漁協食堂でのランチは素晴らしい体験ができますよ!

ドラマ「Dr.コトー診療所」の撮影で使われた漁港を歩くとまるでドラマのシーンが蘇ってくるようです。

漁協食堂に到着すると看板がドラマの雰囲気を残していて、ファンにはたまらない場所です。

注文したものと感想

地魚フライ&カジキ竜田定食

今日は残念ながらカジキ定食が終わってしまったので、もう一つのおすすめ地魚フライ&カジキ竜田定食に決定!
刺身がついているので、これもまた楽しみですね。

混み合っている中、相席しながら30分程待ちました。

カジキマグロの刺身、もずく酢、地魚フライ&カジキの竜田揚げ、ご飯、お吸い物、漬物がセットになっているのは嬉しいですね。

カジキマグロの刺身からいただくと新鮮で最高です!
竜田揚げもおすすめさなだけあって美味しい。

与那国 漁協食堂 基本情報

ドラマの舞台で美味しい料理を楽しめるなんて、最高の経験ですね。
お腹も心も満たされ大満足です。

注意点として営業時間が11時〜14時までと短く、待ち時間も結構あるので、訪れる際は時間に余裕を持つことが重要ですね。

公式サイト

店名漁協食堂
ジャンル食堂
住所沖縄県八重山郡与那国町与那国4022 
営業時間営業時間
11:00~14:00
日曜日営業
定休日:水曜日
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

ナーマ浜

ナーマ浜も本当に美しいビーチですね!
透明度が半端く、その澄んだ海の美しさにただただ感動するばかりです。

ここでの時間は心が癒されること間違いなしです。

ナーマ浜 基本情報

金刀比羅宮

ここはがあって、海の神様を祀る神社なんですね。
中はシンプルで、海の神様へのお祈りをする場所です。

基本情報

夫婦岩

夫婦岩(めおといわ)というものがありました。
夫婦岩が縄で繋がれている光景は風情がありますね。

夫婦岩 基本情報

西崎(いりざき)/日本最西端の碑

西崎(いりざき)に到着しました。
散策していきましょう。

しばらく歩くと日本最西端の地「日本最西端の碑」が建っています。
ここからは日本最西端の岩礁「トゥイシ」も眺められます。

【もーりーの旅行豆知識】

日本最西端の岩礁「トゥイシ」

  • トゥイシは、与那国島の西端にある岩礁です。
  • 位置は北緯24度27分05秒、東経122度55分57秒で、日本最西端の地点にあたります。
  • 岩礁は西崎北北西に位置し、八重山郡与那国町に属しています。

西崎/日本最西端の碑 基本情報

Dr.コトー診療所ロケ地

さあ見えてきました!!
Dr.コトー診療所ファンの方はここがメインになると言ってもいいでしょう。

見学していきましょう。

診療所の中です。
架空の船の便があります。

ここから屋上に行けるようです。
階段は結構急ですね。

おぉぉぉ!
屋上からの眺めも素晴らしーー!!

Dr.コトー診療所ロケ地 基本情報

9時〜18時、年中無休、一般300円(撮影当時)で入ることができます。
白衣もあります。

立神岩展望台

立神岩展望台からの眺めは、まさに圧巻の絶景です。
地球の丸さを感じながら、立神岩がそびえ立つ様子を眺めることができます。

少し離れた場所から異なる角度からの眺めも楽しめます。
僕は正面から見た方が綺麗だなと感じました。

立神岩展望台 基本情報

軍艦岩

軍艦岩というところにやってきました。

現在は立ち入り禁止となっているため奥まで行くことは難しいですが、高台から見ると確かに軍艦の形をした岩が印象的です。

軍艦岩 基本情報

東崎(あがりざき)灯台

ここも絶景!
岩の壁を見るだけでも美しい。

上から見ると、与那国島がいかに断崖絶壁の島かがよくわかります。

東崎灯台 基本情報

四畳半ビーチ

ここは四畳半ビーチです。
確かに狭い!(笑)

こういった小さな場所にも魅力や楽しみが隠れていることがありますね。

四畳半ビーチ 基本情報

大朝商店

あっという間に島を1周して商店までやってきました。
夕日を観に行く前に日本最西端のお店大朝商店で買い物をしましょう。

手作りの品など、品揃えが充実しています。
ただしクレジットカードが利用できないという点は僕にとっては少し残念でした。

大朝商店 基本情報

久部良バリ

久部良バリにやってきました。
長さ約20m、幅約5m、深さ約8mの岩石の裂け目で、なかなかショッキングな「伝説」が残っている場所です。

【もーりーの旅行豆知識】

久部良バリ

  • 長さ約20m、幅約5m、深さ約8mの岩石の裂け目。
  • 琉球王国時代、人頭税(納税能力に関係なく全ての国民1人につき一定額を課す税金のこと)に苦しむ民衆が口減らしのために妊婦にこの割れ目を跳ばせたという残酷な「伝説」が残っている。
  • ただし人頭税は史実であるが、妊婦の話には特に証拠がなく、あくまで「伝説」の範疇。

久部良バリ 基本情報

日本最後の夕日が見える丘/夕日鑑賞

ここが日本最後の夕日が見える丘です。
たまには夕日を眺める時間をとる事って、大切ですよね。

日本最後の夕日が見える丘 基本情報

どぅぐいわり/島料理/泡盛

今日の夜はどぅぐいわりに足を運んでみました。
ここはスマホで注文ができる、最先端の仕組みを導入した人気店です。

メニューを見るとカジキ系の料理が豊富。
新鮮な海の幸を活かした料理が勢ぞろいしています。

注文したものと感想

ビール

まずは冷えたビールで乾杯です。

カジキの刺身

次に注文したのは新鮮なカジキの刺身
見た目のボリュームからして、これは期待大。
食べる前から美味しさが伝わってきますね。

箸をつけると柔らかくてとけるような食感。

島にがり手作り豆腐

手作りの島にがり豆腐をいただきます。

まずはで一口。
口の中で広がる豆腐の滑らかな食感と、塩の風味が絶妙です。
続いて鰹節と醤油で味わうと、豆腐の旨味が一層引き立ちます。

これぞ島ならではの贅沢な味わいです。

炙りカジキのゴロッとサラダ

炙りカジキのゴロッとサラダ
洗練された味わいに、新鮮なカジキの風味が絶妙に調和しています。

焼きスルメイカ

焼きスルメイカ。
こちらは島で釣れた新鮮なイカ。
その日の獲れたては格別の美味しさですね。

豆腐チャンプルー

豆腐チャンプルーも優しい味です。

島泡盛飲み比べ(与那国/どなん/波声)

与那国島の三つの泡盛を飲み比べしました。

与那国はアルコール度数が30度とやや高め。
その味わいは濃厚で飲むとしっかりとした風味が口いっぱいに広がります。

しかし泡盛を飲み慣れていないので味を的確に表現するのは僕には難しいですね。

【もーりーの旅行豆知識】

与那国

  • 与那国島でのみ製造が許されています。
  • アルコール度数は高めですが、甘味があります。
  • 水で割ると白く濁るのが特徴です。

どなんは昨日飲んだばかり。
与那国と比べるとややまろやかな感じがしますが・・・。

最後は波声
こちらはどなんと比べても全く違う個性を持っています。
昨日の花酒ほどではないものの、原液感が強く薬のような印象があります。

【もーりーの旅行豆知識】

波声

  • 商品名の「波声」は礼文町の漁師たちが音頭を取る様子と荒々しい波のイメージを表現して名付けられました。
  • スッキリとした味わいが特徴で、ロックや水割りがおすすめです。
  • 泡盛の風味を感じながら、北海道の礼文島の雰囲気を楽しめるお酒。

味の評価は難しいですが、確実に異なる風味を楽しめることは確かです。

昔ながらの揚げドーナツチョコクリームのせ

デザートは昔ながらの揚げドーナツチョコクリームのせ。
素朴な味に洗練されたチョコが乗っています。

どぅぐいわり 基本情報

与那国島で素晴らしいコスパで美味しい料理が楽しめるお店、どぅぐいわり。
おすすめです!

公式サイト

店名お食事処 どぅぐいわり
ジャンル食堂、居酒屋
予約・
お問い合わせ
0980-87-3739
予約可否予約可
住所沖縄県与那国町与那国564-1 
交通手段与那国バス 役場バス停下車徒歩4分
営業時間営業時間
18:00~24:00
定休日:日曜日
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
支払い方法カード可
電子マネー可
 席数37席(カウンター席5席 テーブル席20席 小上がり座敷12席)
 個室
 駐車場

2泊3日与那国島旅行 (3日目)

与那国島旅行3日目は最終日。地元の食事や観光、ヨナグニウマとの触れ合い体験を通じて与那国島の魅力を存分に味わいます。

わかなそば
DiDi与那国交流館
アヤミハビル館
ティンダバナ
北牧場
馬鼻崎
ダンヌ浜
与那国島空港

わかなそば/沖縄そば

今日のランチはわかなそばにやってきました。
店内は賑わっていて何人かのお客さんが楽しいひと時を過ごしていました。

メニューはどれも魅力的。
お水はセルフサービスです。

注文したものと感想

わかなそば 大

今回はわかなそばの”大”を注文しました。
ボリューム満点なので”並”でも十分だったかもしれませんね。

わかなそばは優しくて素朴な味わい。
それでいてちゃんとした味わいも感じられるんです。

沖縄らしい風味を楽しむために辛味調味料のコーレーグースを使って味変。
これがまた絶妙で美味しさが一層引き立ちますよ。

わかなそば 基本情報

与那国島でのランチは出てくるまでに時間がかかることがあります。
そのため時間に余裕をもって食事を楽しむのがおすすめです。

店名わかなそば
ジャンル沖縄そば
お問い合わせ0980-87-3338
予約可否予約不可
住所沖縄県八重山郡与那国町字与那国3083 
営業時間営業時間
11:30~14:00(麺が無くなり次第閉店)
日曜営業
定休日:火曜日・不定休営業
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
支払い方法カード可
電子マネー可
 席数32席(テーブル 4×4席、座敷 4×4卓)
 個室
 貸切不可
 駐車場
 その他座敷あり

DiDi与那国交流館

1日目に来た時は休館日だったDiDi与那国交流館を再訪問しました。
今日は開いていて静かな雰囲気の中でじっくりと展示物を鑑賞できました。

館内には与那国の歴史や文化に関する資料が丁寧に展示されていて、これを見るだけでも島の魅力を感じることができます。
入館料はわずか200円(撮影当時)ですが、知識と体験が得られる価値のある場所です。


細かく書かれた説明は読む価値があり、観光だけでなく与那国島の年表台湾との関係について学びを得られるスポットとなっています。

DiDi与那国交流館 基本情報

公式サイト

アヤミハビル館

国指定与那国鳥獣保護区に位置するアヤミハビル館では、日本一の蛾ヨナグニサン/アヤミハビルについて学べます。

「蛾」と聞くと見たいような、見たくないような・・・複雑な気持ちになりますが、与那国島ならではの貴重な生き物に触れることができます。

【もーりーの旅行豆知識】

ヨナグニサン/アヤミハビル

  • ヨナグニサンは、鱗翅目ヤママユガ科に分類されるの一種です。
  • 大きさは約130mm〜140mm、日本最大の蛾です。
  • 日本では沖縄県八重山諸島(石垣島・西表島及び与那国島)にのみ分布しています。
  • 与那国島で初めて発見されたので「ヨナグニサン」という和名がつけられました。
  • アヤミハビルとは「模様のある=アヤミ」「蝶=ハビル」という意味を持つ方言です。
  • 沖縄県では天然記念物に指定され、採取が禁じられています。

大人の手のひらほどの大きさの蛾は、実際遭遇したら驚くでしょうね・・・。

館内には与那国島に生息する植物についても詳しく紹介されていて、自然愛好者にはたまらないスポットです。

館内のシアターでは、蛾に関する興味深い上映も行われます。

アヤミハビル館 基本情報

ティンダバナ(ティンダハナタ)/絶景

絶景ティンダバナを訪れました。

県指定名称天然の展望台で、絶景が広がるポイントとして知られています。

歩いて約5分ほどの距離を歩きますが、日陰が多いので涼しく快適に散策できます。
特に秋冬に訪れると過ごしやすくてオススメです。

トイレも整備されていて、観光の際に安心して利用できます。

展望台に到着すると美しい海と集落が一望でき、水平線がくっきりと広がっています。

ティンダバナ(ティンダハナタ) 基本情報

北牧場/ヨナグニウマ

空港の近くにあるテキサスゲートを越えると、自然そのままの美しい景色が広がる場所です。

【もーりーの旅行豆知識】

テキサスゲート

  • 正式名称「テキサスゲートグレーチング」とは、馬が侵入しないように作られたフェンス(格子状のフタ)のことです。
  • 馬の蹄が入り込まないようになっています。
  • 幅を広くとっているのは、馬が飛び越えないようにするためです。
  • 車はガタガタする程度ですが、自転車やバイクは溝にはまる可能性があるので注意が必要です。

足元が険しいため、を履くことをおすすめします。
馬糞にも気をつけながら大自然の中での散策を楽しむことができます。

がのんびりと草を食べている光景は、まるで別世界に迷い込んだような感覚を覚えます。

ヨナグニウマはのんびりと自然に暮らしており、人間が近づいても無関心。
自然と調和した光景が広がっています。

【もーりーの旅行豆知識】

ヨナグニウマ

  • 1969年3月25日に与那国町の天然記念物に指定され、その自然と調和した生態系を支えています。
  • 体高は約110~120cm、小柄でありながら力強い馬で、体重は約200kg前後です。
  • 一般的には 鹿毛(しかげ) と 栗毛(くりげ) の毛色が多く見られます。
    鹿毛は赤褐色で、栗毛は栗色に近い赤褐色を指し、これらの毛色がヨナグニウマの特徴の一部となっています。

北牧場 基本情報

馬鼻崎/秘境/絶景

歩いていると馬鼻崎に到達しました。

まさに秘境!!
断崖絶壁
が美しい青い海と調和しています。

足元がすくむほどの迫力ある景色は、ブルーの美しさに圧倒されること間違いなしです。
吸い込まれそうな海の色が印象的で、自然の壮大な美しさを感じることができる場所です。

馬鼻崎 基本情報

ダンヌ浜/夕日鑑賞

ダンヌ浜は特徴的な円形の入口が目印の静かでのどかな場所です。

誰もいない静けさの中で波の音と草がそよぐ様子を眺めながら、夕日が海に沈んでいく時間は癒されます。

夕陽の美しい色彩が水平線に沈んでいく様子は、心に残る素晴らしい光景になりますよ。

ダンヌ浜 基本情報

与那国島空港/飛行機(RAC)

すっかり陽も落ちて、与那国島を去る時間になりました。
売店レストランも閉店の支度をしています。

RAC(琉球エアーコミューター)に乗り込みます。

石垣空港に到着

RAC(琉球エアーコミューター)で、石垣空港に到着しました。

僕は石垣島で1泊し、翌日は鳩間島へ向かいました。
鳩間島は人口がわずか50人ほどの小さな島で、自然が手つかずのまま残されていました。
そこで見た絶景の様子は今後の動画や記事で紹介しますので、ぜひお楽しみに!

2泊3日与那国島旅行のまとめ

与那国島の旅、いかがでしたか?
この島は西の果てにありながらも、飛行機を使えば手軽にサクッと訪れることができます。

秋や冬がベストシーズンで、透明度抜群の海、歴史ある観光地、そして美味しい食事など、大人の方にこそおすすめの旅行先です。

与那国島は自然と歴史が調和した場所であり、その魅力に触れることで心が癒されること間違いなしです。

この記事が少しでもあなたの旅行計画のお役に立てたら幸いです( ^^)/

2泊3日与那国島旅行の様子はYouTube動画で公開中!

チャンネル登録もお願いします!
Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Facebookでのコメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
もーりーについて
もーりー
もーりー
旅する社長YouTuber
旅は自己投資!旅して稼ぐ40代社長もーりーが一生に一度は行きたい国内外の旅行記、ホテルレビュー、飛行機・船等の乗り物のレビューといった旅全般の配信をしていきます。ビール・日本酒・焼酎・ワインなどお酒も好き。 YouTube動画はぜひTVなど大画面でご覧ください。 Google評価4.0以上のグルメ優良店・観光スポットを狙っていきます! 旅の情報だけではなく、少しでも多くの方が自由な生き方ができるようになることを願ってビジネス視点も交えながら発信していきます! 公式JALトラベルレポーターとしても活動。 SNS【Twitter/Instagram】のフォローもよろしくお願いします! 取材依頼はお気軽にお問い合わせくださいませ。 もーりーを右腕役として一緒に仕事したい方はお気軽にメッセージくださいませ。
error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました